京都府 よくあるお問い合わせと回答 トップに戻る
分野で検索: 組織で検索:
 
検索方法: 並び替え: 表示件数:
FAQ 番号で検索 (5桁の数字):
遺跡のようなものを見つけた。 印刷する質問する
質問: 遺跡のようなものを見つけた。
回答:

 古墳や山城跡、集落遺跡などの遺跡は、「文化財保護法」で、「周知の埋蔵文化財包蔵地」として

保護の対象になっています。発見されたものが遺跡であった場合や工事中に遺跡等を発見された場合は、「文化財保護法」に基づいて京都府教育委員会あてに遺跡発見の届出書を提出する必要がありますので、遺跡を発見した旨を、地元の市町(組合)教育委員会(京都市内においては、京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課、京田辺市においては、京田辺市市民部文化・スポーツ振興課、舞鶴市においては、舞鶴市市民文化環境部地域づくり・文化スポーツ室文化振興課)へ連絡してください(届出書は各市町(組合)教育委員会等にあります。)。
 また、遺跡等から出土した土器などの遺物については、地元の市町(組合)教育委員会等に連絡していただき、所轄の警察署に「遺失物法」の規定に基づいて7日以内に「埋蔵物発見届」を提出してください。

 


お問い合わせ先
 文化財保護課(記念物係)  電話 075-414-5903
 各市町(組合)教育委員会(https://www.kyoto-be.ne.jp/soumu/cms/?p=15216)

京都市文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課  電話 075-366-1498

京田辺市市民部文化・スポーツ振興課  電話 0774-64-1300

舞鶴市市民文化環境部地域づくり・文化スポーツ室文化振興課  電話 0773-66-1019

  • FAQ 番号:01218
関連するFAQ関連するFAQ
この情報は問題解決のお役に立ちましたか?
○役立った △参考になった ×役立たなかった