京都府 よくあるお問い合わせと回答 トップに戻る
分野で検索: 組織で検索:
 
検索方法: 並び替え: 表示件数:
FAQ 番号で検索 (5桁の数字):
特定商取引法とはどのような法律か。概要が知りたい。 印刷する質問する
質問: 特定商取引法とはどのような法律か。概要が知りたい。
回答:

 特定商取引法は、消費者トラブルを生じやすい特定の取引類型を対象に、トラブル防止のルールを定め、事業者による不公正な勧誘行為等を取り締まることにより、消費者取引の公正を確保するための法律です。

 対象となる取引類型は、以下の7類型です。
・訪問販売
・通信販売
・電話勧誘販売
・連鎖販売取引(マルチ商法など)
・特定継続的役務提供(英会話教室など)
・業務提供誘引販売取引(内職商法など)

・訪問購入

 それぞれの取引類型の特徴に応じて、禁止されている事業者の行為、消費者によるクーリング・オフや中途解約が規定されています。
 詳しい内容は、消費者庁のホームページ「特定商取引法ガイド」でご覧になれます。

 (http://www.no-trouble.go.jp/#top


【お問い合わせ先】
 消費生活安全センター

  ・法律の解釈などについて  電話 075-671-0030
  ・契約トラブルなどのご相談  電話 075-671-0004

 

【関連ホームページ】

 京都府ホームページ

  くらしの情報ひろば「消費生活相談窓口の紹介」

   (http://www.pref.kyoto.jp/shohise/15400137.html

  • FAQ 番号:02184
関連するFAQ関連するFAQ
この情報は問題解決のお役に立ちましたか?
○役立った △参考になった ×役立たなかった