京都府 よくあるお問い合わせと回答 トップに戻る
分野で検索: 組織で検索:
 
検索方法: 並び替え: 表示件数:
FAQ 番号で検索 (5桁の数字):
電気工事士免状の申請方法が知りたい。 印刷する質問する
質問: 電気工事士免状の申請方法が知りたい。
回答:

 京都府内に住民登録されている方は、「電気工事士免状交付申請書」に必要事項を記入の上、添付書類を添えて、災害対策課産業保安担当又は最寄りの各京都府広域振興局へ申請してください。(受付時間:9時〜12時、13時〜17時 、土日・祝日を除く。)

 

 代理人により申請をされる場合は、申請者の印鑑と代理人の本人確認ができるもの(免許証等)をご持参ください。

 なお、郵送でも受け付けることができますが、その際は事前に申請先にお問い合わせください。

(京都府では住民基本台帳により住所確認をしていますので、住民票の提出は必要ありませんが、外国籍等で住民基本台帳で確認できない場合は住民票の提出が必要です。)

 

◆第一種電気工事士(試験に合格された場合)

   ※認定による場合については、お問い合わせください。

 @ 試験結果通知書(原本)

 A 写真2枚(縦4cm×横3cm、申請前6ヶ月以内に撮影した正面脱帽上半身のもの。裏面に氏名・生年月日を記入しておいてください。)

 B 京都府収入証紙 5,900円

 C 定型郵便サイズの返信用封筒(切手は不要ですが、返送先の郵便番号、住所、氏名を記載しておいてください。) 

 D 実務経験証明書 ・・・詳細はお問い合わせください。

   資格取得後5年以上の電気に関する工事に従事した経験。(大学等で一定の電気工学を履行し卒業した者は3年以上で可。なお、卒業・履修証明書が必要。)

  ※実務経験証明書の記入要領等、詳細については、ホームページをご確認ください。 

  E 住民票(外国籍の方等は必要。)

 F その他(実務経験の種類により必要な証明書等が異なります。)

 

◆第二種電気工事士

 @ 試験結果通知書(試験合格者)の原本又は修了通知書(養成施設修了者)の原本

 A 写真2枚(縦4cm×横3cm、申請前6ヶ月以内に撮影した正面脱帽上半身のもの。裏面に氏名・生年月日を記入しておいてください。)

 B 京都府収入証紙 5,200円

 C 定型郵便サイズの返信用封筒(切手は不要ですが、返送先の郵便番号、住所、氏名を記載しておいてください。) 

 D 住民票(外国籍の方等は必要。)

 

(関連ホームページ)  「電気工事士」の免状に関する手続き

http://www.pref.kyoto.jp/shobo/koujishi.html

 

(問い合わせ先)
府民生活部災害対策課産業保安担当
 電話:075-414-4470・4471
 FAX:075-414-4477
 Eメール:saigaitaisaku@pref.kyoto.lg.jp
 郵送先:〒602-8570 京都府 府民生活部 災害対策課産業保安担当
   (専用郵便番号のため、住所の記載をせず、担当部所名の記載だけで届きます。) 

  • FAQ 番号:03540
関連するFAQ関連するFAQ
この情報は問題解決のお役に立ちましたか?
○役立った △参考になった ×役立たなかった