家族経営協定とは何ですか。
質問: 家族経営協定とは何ですか。
回答:

 家族経営協定とは、家族農業経営にたずさわる各世帯員が、意欲とやり甲斐を持って経営に参画できる魅力的な農業経営を目指し、経営方針や役割分担、家族みんなが働きやすい就業環境などについて、家族間の十分な話し合いに基づき、取り決め協定をかわすものです。
 家族経営協定の内容は、締結農家の経営の発展状況に応じて、家族間の話し合いにより取り決められるもので、その内容は画一的なものではありませんが、家族経営協定に関する調査によると、「農業経営の方針決定」、「労働時間・休日」、「農業面の役割分担」、「労働報酬」についての取り決めが多くなっています。
 協定は、家族で合意した内容を文書にまとめ、「家族経営協定書」を作成し、調印することで、実行への意識が高まります。

  詳しくは、以下のところへお問い合わせ下さい。
  ○ 農産課 農業応援伴走支援担当
     〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
             電話  075-414-5989

       FAX  075-414-4974
       メール nosan@pref.kyoto.lg.jp

  ○ 各農業改良普及センター
     ・ 京都乙訓農業改良普及センター 電話 075‐315‐2906 FAX 075‐315‐2909
     ・ 山城北農業改良普及センター   電話 0774‐62‐8686 FAX 0774‐51‐5348
     ・ 山城南農業改良普及センター   電話 0774‐72‐0237 FAX 0774‐72‐8531
     ・ 南丹農業改良普及センター   電話 0771‐62‐0665 FAX 0771‐63‐1864
     ・ 中丹東農業改良普及センター   電話 0773‐42‐2255 FAX 0773‐42‐0191
     ・ 中丹西農業改良普及センター   電話 0773‐22‐4901 FAX 0773‐23‐8242
     ・ 丹後農業改良普及センター   電話 0772‐62‐4308 FAX 0772‐62‐5894
     詳しい連絡先は、(http://www.pref.kyoto.jp/fukyu/index.html) をご覧下さい。

  • FAQ-NO:00372